どうも!

屋久島は、台風の影響もあってか日がかげると結構寒いです。。。

南の方にある島だからと油断しちゃだめですよ!

今日はパーカー出しました。

 

さてさて、最近は小杉谷の東屋でカレーを振舞ってます!笑

なんて売店やってるわけじゃないですよー

ツアーのお昼ごはん部隊です。

うんまいカレーを作れるようになりたーーーーーい!

いやー屋久島も山小屋が発展してもいいのになーなんて思う時もありますけどね。まぁ山の観光地の印象が尾瀬なものですから、、、

世界遺産なのに避難小屋しかないというのが屋久島の秘境さを際立たせているという意見もわからなくはないですが。

それはそれとして、カレーの煮込み待ちのとき、ふっとこんなものに目がいきました。

東屋の壁にあるのですが、今までじっくり見なことがありませんでした。

内容を見るとなかなかかっこいい。

歌詞をみると「地元愛」に溢れていますね。。。

「豊かに厳しき故郷を愛す」ってところが好きです。

というよりも、地元を愛し成長して欲しかった気持ちが伺えます。

森林の伐採が職務だった集落といえど、暮らしていた方々が抱く屋久島の自然への敬意は本物であったように感じます。

「歴史の流れはいかなるものとも われら生まれて故郷を愛す」という歌詞からも、外部からの利用されてきた屋久島の自然への島民の心情が現れていますね。

ぜひ、メロディーに乗せて聴いてみたいです。

わが母校、腰越小学校の校歌も負けず劣らずかっこいいですがね笑

Written by 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です