■ 参考準備リスト

・屋久島は雨の日が多いため「雨対策」が必須です。
ザックカバーだけでなく中身もビニール袋に入れるなど防水対策をお願いします。

アイテム ●マークはレンタル可能アイテムです
●登山靴 足首をカバーするハイカットタイプ推奨。履き慣れたもの。※経年劣化で靴底(ソール)が剥がれることがあります。必ず事前に履いてみて確認を。
ソックス 厚手で速乾性素材のもの。
●レインウェア 上下セパレート型で防水機能のしっかりとしたもの、蒸れにくいもの。
●ザック 30~40L程度で腰ベルトのついた登山用のもの。日帰りは20L程度。
●ザックカバー 防水だけでなく、汚れ防止にも必須。
●ヘッドランプ 必ず事前に点灯確認と替電池も用意。※レンタルは替電池付。
飲み物 水・スポーツドリンクなど500mlペットボトル。途中の水場で補充できます。
行動食 ドライフルーツ・塩飴・チョコレート・カロリーメイト・ウィダインゼリーなど、エネルギーになるもの。好きなもので可。
手袋 防水用、防寒用、手の保護に。防水でない場合は濡れると冷えるため替えもあると良い。
●ストック 足の負担軽減に効果的。コンパクトに畳めるタイプでキャップ必須。
●防寒着 フリース・ダウンなど、山中泊の場合秋~春は必須。夏の日帰りは不要。
機能性下着 吸水・速乾性素材(化学繊維)や薄手のメリノウールのもの。
シャツ 吸水・速乾性素材(化学繊維)や薄手のメリノウールのもの。ケガ防止・日焼防止に長袖が基本。
ズボン ストレッチ素材、速乾性素材のトレッキングパンツ。ジーンズ・コットン製は不可。
●スパッツ 雨対策、泥汚れ対策に。
ビニール袋 荷物の防水用にジップロックやゴミ持ち帰り用など数枚用意。

■宿泊登山追加リスト

・屋久島の山小屋は全て無人の避難小屋です。縦走、縄文杉1泊ツアーの場合は寝袋が必須となります。
・到着時にいっぱいで入れない場合は周辺でのテント泊になります。
テントはガイドが持ちますが、山中での食料は一部お配りし各自でお持ちいただきます。

アイテム ●マークはレンタル可能アイテムです
●寝袋 最低使用温度2度程度。濡れないようザック内では大きなビニール袋に入れておく。
●寝袋用マット 床から熱を奪われ冷え込むため使用推奨。秋~春は必須。
着替え 雨で着衣が濡れた時用に夏でも必須。靴下、アンダーウェアなど速乾性シャツなど最小限。
携帯トイレ 現地にて1人1個ご用意します。不安な方は追加を各自用意。
トイレットペーパー トイレ用、その他。※芯を抜いて潰すとコンパクトになります。
耳栓・アイマスク 山中泊の場合、眠れない方は小屋での就寝用に。
ウエットタオル 避難小屋にはシャワーや洗面はありません。石鹸、洗剤等も使用不可となりすので洗面道具は必要最小限のものを