屋久島のシーズン

◆春

春の屋久島 太鼓岩からのヤマザクラ
屋久島石楠花(ヤクシマシャクナゲ)

屋久島で緑の変化が一番感じられるのがこの季節です。
森で見れる新緑は他地域に類をみない勢いで萌木色に山肌を彩ります。
その芽吹きは森の生命力の力強さを感じさせます。
また4月~6月にかけては山の花も1週間毎に表情を変えて様々な花を楽しめます。
中でも5月後半から6月にかけて奥岳に咲くヤクシマシャクナゲは古くから島の人に愛され崇められる高貴な花で屋久島を代表する植物です。
ゴールデンウィークを含む5月を除くと比較的登山客のお客様数もおちついており日照時間も長い時期で屋久島の山を訪れるのに最適なシーズンとも言えるでしょう。
おススメ度
★★★★★
混雑度
★★☆☆☆

 

◆夏

九州最高峰から海抜0mまでの登山
夏の快晴の中永田岳から望む宮之浦岳

夏の屋久島は海・山・川・里の全てがフィールドとなり様々なアクティビティが楽しめます。
5月~8月にかけては海ガメの産卵・孵化も見られます。
また降水量の多い屋久島ですが、梅雨明けからお盆前のこの時期は天候も比較的安定する事が多いです。
屋久島滞在日数3日間以上をお考えの場合夏季休暇を使って屋久島旅行に訪れるお客様が多く観光客が賑わいを見せるシーズンです。
おススメ度
★★★★☆
混雑度
★★★☆☆

 

◆秋

秋の屋久島縦走、展望所より宮之浦岳を望む
永田岳をバックに宮之浦岳の祠前にて

夏終盤の台風シーズンが終わると秋晴れの天候が安定した日が続きます。
気温が山歩きに丁度良く空気も澄んでいて山頂からの展望は海や遠くの島までもよく見渡せるとても気持ちの良い季節です。
宮之浦岳を始めとする屋久島の名峰を目指のにとてもオススメの時期で春に比べると山小屋の混雑も少なく縦走などの山泊登山にも適しています。
日帰り登山も夏のシーズンがひと段落して登山客混雑も少なく快適にトレッキング可能です。

おススメ度
★★★☆☆
混雑度
★★☆☆☆

 

◆冬

朝焼けに染まる雪の縄文杉
雪に埋まる白谷雲水峡の切り株

冬の屋久島は混雑無しで楽しめます。穴場のシーズンとなり静寂の森をトレッキングするのにとてもオススメでます。
登山客の少ない貸し切り状態の森歩きは人の気配がある通常時のそれとは全く雰囲気が異なりより深く自然と対面する事が出来るでしょう。
屋久島名産のタンカンの最盛期である2月は島中でタンカンが出回ります。
また山岳部では積雪があるため宮之浦岳などの奥岳へは寒波の影響で入山できない事も多い。
縄文杉やその他の山域でも防寒や雪対策の装備が必要となります。
おススメ度
★★★★☆
混雑度
★☆☆☆☆