★各スケジュール・代金・お申込みはこちらから★


★ツアーの様子★

 

安房地区から車で山道を約1時間、淀川(よどごう)登山口からスタート。

宮之浦岳の日帰りもここが登山口です。

天候などによっては逆回りで荒川登山口からスタートになることもあります。

 

大木や苔に覆われた杉などに見とれながら歩いているうちに、最初の休憩ポイント淀川小屋に到着。

朝の光が差し込み始めて森はキラキラと輝き、そばには透明度の高い清流も。

 

淀川小屋から約2時間で高層湿原の花之江河。

ずっと森の中を歩いていたところに突然、ぽっかり開けた空間が現れます。

宮之浦岳への登山道にはロープ場が複数個所あるのですが、皆さん「知らなかった!」とよく驚かれます。

ガイドの指示に従って落ち着いて登ってくださいね。

 

投石平の広場に出ると、いよいよ屋久島の深部に入ってきたな、という気持ちになります。

特徴的な岩の山頂、黒味岳を一望。

 

奥に見えるのが翁岳。屋久島の主稜線を通って宮之浦岳山頂へ。このダイナミックな稜線歩きが縦走の醍醐味です!

 

稜線で石楠花(しゃくなげ)が咲き誇る5月後半~6月初旬は、縦走ツアーで特に人気の時期。

咲き始めはピンクだった花びらが、徐々に白に変わっていくのです。※写真は2017年6月7日

 

九州最高峰1,936mの宮之浦岳山頂に到着!

隣にそびえる永田岳と原生林の花山歩道を歩く屋久島リピーター向けの縦走ツアーもありますので、ぜひ次の機会に。

 

どこからでもパッと目につく巨大なヒメシャラも屋久島ならでは。

新高塚小屋の上のエリアにはヒメシャラが群生しています。

 

小屋に着いたらお待ちかねの夕食。

寝る支度ができた方から自然に集まりゆるやかにスタート。

食材などは全てこちらで用意しますが、好きなお酒などを持参もOKです!

 

新高塚小屋の収容人員は40名ほどで、満員の場合はテント泊になります。

テントはガイドが持って行きますのでご安心を。

雨でもこのようにタープなどで工夫して過ごします。

 

しっかり寝た翌朝はまず縄文杉を目指して出発。

徐々に朝日が上がってくる中、約1時間の下りです。

 

縄文杉への日帰り登山客が来る前の時間帯なので、誰もいない早朝の縄文デッキでたっぷり時間をとって過ごします。

 

縄文杉のデッキで二度寝!?本気で寝ないようにご注意を。

こんなにのびのびできるのも、山中泊のツアーだからこそ。

 

ハートの切り株写真が有名なウィルソン株は、人気の撮影ポイント。

キレイなハートの形が撮れるかどうかは、中に入ってみてのお楽しみ。

 

トロッコ道まで下りたら、あとは平坦な道のりです。

写真を撮ったり川で遊んだり寄り道も。

お昼ごはんはガイドがその日の状況に合わせて、ベストスポットでご用意します。

 

荒川登山口にゴール!縦走で屋久島の魅力にハマると、他のルートも歩いてみたくなります。

次はリピーター向けの縦走ツアーにどうぞ!

Written by 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です